固定資産 > 資本的支出と修繕費の見分け方・フロー

資本的支出と修繕費の見分け方・フロー

資本的支出と修繕費の違いは非常に重要なポイントです。
なぜなら、「修繕費では1年で費用化」しますが、資本的支出は「固定資産」を 新しく買ったとみなされて「毎年減価償却費によって費用化」するという違いがあるからです。ここを間違ってしまうと損益を誤り、税負担を誤りますので注意です。

国税庁の定義によると

修繕費とは
『法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の通常の維持管理のため、又はき損した固定資産につきその原状を回復するために要したと認められる部分の金額』

資本的支出とは
『法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなると認められる部分に対応する金額』

修繕費のキーワードは「通常の維持管理」「現状回復」、資本的支出のキーワードは「価値・耐久性を増す」
つまり、固定資産の改善・改良というパワーアップのための支出が資本的支出で、別に今の機能や耐用年数が変わらないのであれば、修繕費ということになります。

ただし、実務的には判断が難しいケースが多いですし、金額によっては修繕費で処理することが認められるケースもありますので、下記の判断フローを使って判断して下さい。

<資本的支出と修繕費の判断フロー>

@20万円未満か →YES→修繕費 基通7−8−3(1)

NO

A3年以内の期間を周期として行われる費用か→YES→修繕費 基通7−8−3(2)

NO

B明らかに「価値・耐久性を増す」支出か→YES→資本的支出

NO

C明らかに「通常の維持管理」「現状回復」目的の支出か→YES→修繕費(基通7−8−2)

NO

D60万円未満か→YES→修繕費(基通7−8−4(1))

NO

E前期末取得価額の10%以下か→YES→修繕費(基通7−8−4(2))

NO

F災害に伴って支出したものか→YES→70%は資本的支出30%は修繕費 (基通7−8−6)

NO

・支出額の30%と、前期末取得価額の10%のいずれか少ない方は修繕費
・残りは資本的支出(基通7−8−5)

以上 です。